初めて家を買うならみやび建設に相談しよう

必ずチェックしたい書類

マンション

購入の基本の流れ

東京の築浅の中古マンションは、新築物件の増加や時代ごとに流行が違うことからも、プランにバリエーションがあり、何よりも販売価格が安いから資金不足でも購入できる点で人気です。東京の立地で価格が低ければ当然、頭金もローンも少額で済み、特に転勤や進学時期と重なる3月時期は中古マンション購入の狙い目です。そこで値引き交渉も期待できたり、修繕積立基金などの住宅取得費用以外に掛かる一時費用も売主が支払い済みで掛かりません。購入する時の流れには、間違いのない見つけ方や判別、失敗しない住宅ローンや安心できる契約と法律などを熟知することも個人には大切で、関与する仲介会社との意志の疎通もポイントとなります。中でも、東京の中古マンションの購入の基本の流れを知ることが、裏事情を知るすべを持たない個人のトラブルを未然に回避します。そのため物件の権利関係や金銭面、マンション内のトラブル、周辺環境、欠陥マンションの可能性などを見抜くチェックが必要です。例えば、権利関係では、登記簿などを自身の目で確認しましょう。また修繕積立金の未払い、修繕の計画や進捗状況の有無もチェックし、ひび割れ、設備の状況などはプロの建築士に同行してもらうなどの時間を惜しまない確認が必要です。中古マンションによって、購入する時には基本となる設計図面や修繕履歴表に目を通すのも鉄則です。意匠や構造図面、電気や設備図面に分かれているものの、大切なのは構造図面系です。ボーリングデータ地盤となる固い地層が地下何メートルにあるのか、スラブリストや戸境壁厚を確認し、遮音性を確認することも、手抜き物件を見抜くことに繋がる大事な流れの1つです。東京の中古マンション購入では、新築のモデルルームと違い、実際に見学ができます。暮らし出しまで視野に入れたリサーチは、自分でも売主や管理人、近隣住人に直接聞くこともでき、問題点をクリアにして売買契約を結ぶことが一連の流れです。